2018.06.20更新

デンタルフロスで予防歯科を徹底しよう

歯科医院は歯が痛くなったら行くところだという認識があります。
けれども、虫歯や歯周病などお口の病気は痛みなどの症状が出ているとすでに進行している状態です。
この状態になってしまうと、削るなどの治療をしなければいけません。
削った歯は決して元に戻らないために、最近では痛くなってから受診するのではなく予防歯科を大切にするという新しい考え方が出てきました。

予防歯科では虫歯や歯周病にならないように予防するという考えです。
自宅での歯磨きは予防をする上で非常に大切になります。
歯科医院では患者さんのお口に合った歯の磨き方を教えてくれます。
お口の状態は患者さんによって異なるために、状態に合わせた磨き方が必要になります。
歯ブラシは横に細かく動かし、汚れをきれいにしなければいけません。
歯並びの悪い部分などは、歯ブラシを縦にして1本1本磨いていきます。

歯磨きで落とすのは、食べかすだけではありません。
お口の中にはたくさんの細菌がいて、細菌がネバネバした分泌物を出すことで歯の表面について増殖します。
このネバネバしたものをプラークと呼びます。
プラークは白く、歯ブラシで擦ると落とすことができます。

歯を歯ブラシだけで磨くと、歯と歯の間など細かな部分に磨き残しが出てしまいます。
そこで、予防歯科では歯ブラシ以外の補助具を使うことでお口全体をきれいにしていきます。
デンタルフロスは糸のようなヒモになっていて、指に巻き付けることで歯と歯の間を掃除します。
デンタルフロスは使い捨てです。
歯と歯の間が大きくなると、歯間ブラシを使ってプラークを除去します。
歯間ブラシは毛先がだめになるまで何度も使うことができます。

タフトブラシは鉛筆のように先端だけにブラシがついています。
歯と歯茎の境目など、タフトブラシは細かな部分をきれいにすることができます。
歯を磨いていると出血するという場合は、歯周病の疑いがあります。
歯ブラシだけでなく、歯間ブラシなどの使用でも出血することがあります。
出血するのは歯茎が腫れている証拠です。
出血するから使用をやめるのではなく、積極的に磨いていくことで出血は止めることができます。

予防歯科では虫歯や歯周病だけでなく、口臭などお口のトラブルを予防していきます。
自分に合った歯ブラシやデンタルフロスが分からないという場合は相談してみましょう。
歯並びなどに合わせて使用する補助具も変わってきますが、患者さんの状態に合わせて指導してくれます。