歯を失ってしまった患者さんには、今まで入れ歯しか治療方法はありませんでした。
入れ歯は装着しても外れやすく、噛みにくいために決していい治療とは言うことができません。
そこで、歯を失ってしまった患者さんがきちんと噛めるように考えられたのが、インプラントです。
インプラントは、手術によって、歯の無い部分の骨にチタンを埋め込み、その上に人工の歯をかぶせるという治療です。

インプラントは、入れ歯と比較すると大きなメリットがあります。
骨とチタンは結合しているので外れることがありません。
見た目もいいなど、メリットばかりが先行している状態です。
けれども、メリットがあるということは、当然デメリットもあるということです。

インプラントの手術の成功率は高いものですが、決して100%成功するわけではありません。
手術では、麻酔をしてから歯茎を切り開き、骨をドリルで削ってからチタンを埋め込みます。
この時、骨を削り過ぎてしまうと、血管まで到達してしまい、出血の恐れがあります。
大きな欠陥を損傷してしまうと、出血多量により死亡してしまったというケースも今までにありました。

失敗の中でも、死亡というのは特殊な例かもしれません。
けれども、インプラントの手術をするということは、それだけのリスクがあるということを覚えておきましょう。
また、他の失敗の中では、神経を損傷してしまうというものもあります。
手術が終わっても、顔にしびれが残ったり、痛みが出てしまうという状態が長く続きます。

そして、手術は無事終わったように見えても、細菌感染していて、インプラントの周りが炎症を起こしてしまうということもあります。
その場合、薬などによって炎症を鎮めることができれば回復できますが、炎症が続いてしまうと、チタンが自然と脱落し、抜け落ちてしまいます。

インプラントをするときは、噛み心地などいいことが強調されがちです。
けれども、メリットだけでなく、手術をする上でのリスクを承知した上で治療に入るようにしましょう。
メリットばかりを考えていると、手術した後にこんなはずではなかったと後悔することになってしまいます。
中には、レントゲン上では骨があるように見えたけれども、実際に開いてみたら骨の量が少なく、手術することなく縫い合わせるということもあります。
この場合は、失敗と感じるかどうかは患者さん次第ですが、期待していた分、失望を感じてしまうかもしれません。